クリーム紙

クリーム紙

原稿用紙のために、満寿屋が独自に開発したクリーム色の紙です。

万年筆での筆記を想定して開発した紙

万年筆での筆記を想定して開発した紙

多くの作家さんが万年筆を用いて執筆なさる。

そんな状況を踏まえて1970年代に満寿屋が独自に開発した紙です。 万年筆のインクは、種類によって紙を選ぶ傾向があります。そのため、どのようなインクを用いても、滲みにくく、裏抜け しにくく、滑らかな書き心地を得られる。そんな紙を目指して生まれたのがこのクリーム紙です。また、万年筆だけでなく、ボールペンや鉛筆でも気持ち良く筆記出来るのもこの紙の特徴です。「書くため」に生まれた紙を、是非一度お試し下さい。

照り返しによる目への負担も考慮

照り返しによる目への負担も考慮

書くことに使う紙は普通白なのでは?

そんなことはありません。なぜこの紙がクリーム色なのか。その理由もやはり作家さんの執筆を考えてのことなのです。お話を伺うと、夜、スポットライトで手元を照らしながら執筆なさる作家さんも多いということが分かりました。真っ白な紙は、ライトの光を反射しやすく、長時間向き合っていると目が疲れてしまうことがあります。このクリーム色の紙はその反射をある程度吸収し、和らげる効果を持っているのです。

ラインナップ

原稿用紙 商品誕生物語

B5サイズ
A4サイズ
B4サイズ
ハガキサイズ
  • M1

    M1
    ルビ有り
    グレー罫
    200字詰め
    50枚天のり製本

    250円(+税)

  • M2

    M2
    ルビ無し
    グレー罫
    200字詰め
    50枚天のり製本

    250円(+税)

  • M11

    M11
    ルビ無し
    赤・紺・茶罫
    (各20枚)
    200字詰め
    60枚天のり製本

    380円(+税)

  • M12

    M12
    ルビ無し
    赤・紺・茶罫
    (各20枚)
    200字詰め
    60枚天のり製本

    380円(+税)

  • M13

    M13
    ルビ無し
    赤・紺・茶罫
    (各20枚)
    200字詰め
    60枚天のり製本

    380円(+税)